徒然なるままに食文化を楽しむ一個人のメモ


by bunkohay
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:BAR( 10 )

Helmsdale ~広尾~

年度末の飲み会で、友人の行きつけのパブ(Brasserie&Barって書いてあるけど)、広尾の「Helmsdale」に行ってきた。

黒板には英語でしかメニューが書かれておらず、一緒に行った同僚はみんな諦めてギネスを頼む(笑)
食事も、私が大好きなパブ飯である。
ニシンの燻製とか、おひょうのFish&Chipsとか、いろいろ懐かしいものを食べた。

スコッチの品揃えも良く、かなり満足だった。
朝6時までやっているそうだし、リピート意向はあるんだけど、広尾、という行きにくい場所であることと、駅から結構遠いところで、また行くかどうかは微妙なところ。
でも、人にもお薦めできる良いお店だった。
[PR]
by bunkohay | 2006-04-03 17:58 | BAR

Shot Bar Illusions ~中野~

中野駅南口のバーを開拓したくて、Shot Bar Illusionsに行ってみた。

中野ZEROの方に歩いていったところの地下にあるこのお店は、カウンターが8席ぐらいと、テーブルがいくつかあって、30人強入る模様。

お酒は、Georgia Moonよりは少ないけど、バーボンを飲まない私にとっては、それなりにスコッチの品揃えがあるのが嬉しい。

しっかりしたご飯も置いてあるようだ。
バーなのだが、私がこの日一番感動したのは、チーズ。
アプリコットとけしの実のフルーツチーズは、それだけ食べに行っても良いと思うぐらい感動した。
これなら、他のご飯も期待できる感じ。
今度食べてみよう。

価格も、中野価格で、安めである。
私は、この日カクテルを2杯、ウィスキーを4杯とチーズを0.5人前食べたのだが、それで6,500円だった。
リーズナボーじゃないですか。

また行ってみよう。
[PR]
by bunkohay | 2006-02-23 19:44 | BAR
ちょっと精神的にくたびれた一日だったのと、思いのほか早く上がれたので、久しぶりにAbbot's Choiceに行ってきた。

Guinessのハーフパイントと一緒に頼んだのはフィッシュ&チップス。
一人で行ってもハーフサイズがあるので安心。

いつもどおり、ビネガーを死ぬほど振りかけようとしたら、「ビネガーなしでも美味しいですよ」と言われ、ビネガーなしで試してみた。
魚がふわっふわで、激うま!!
本当に何もつけなくても十分行ける。
冷凍ではなく生魚を捌いて作っているそうだ。

私は、鶏の唐揚などは好きなのだが、とんかつや天ぷらやフライなどの、パン粉や小麦粉種などの衣がついて揚がっているもの(油を結構吸っている衣?)が結構苦手で、好んでは食べない。
イギリスに住んでいた時も、フィッシュ&チップスを食べる機会は多かったが、衣を剥がして、中で蒸された魚だけを食べたりしていた。

そんな私だが、結局ビネガーはポテトにのみかけて、魚は何もつけずに完食した。
久しぶりに感動したなぁ。
このお店では、日本一のフィッシュ&チップスを目指しているそうなので、ぜひ食べていただきたい。

この日は他に、ピクルスとミモレット(ここのチーズも絶品です)を食べた。
お酒はイタリア・サマローリ社のリンクウッド(ラベル可愛い)と、ホットバタードラム・カウを飲んで終了。
相変わらず何頼んでも美味しくて、満足。

Abbot's Choice
住所:東京都港区六本木5-1-5 加藤ビル2階
電話:03-3475-0353
営業:18:00PM~7:00AM  無休
(2005年12月12日現在)
[PR]
by bunkohay | 2005-12-13 11:08 | BAR

CAMARADA ~中目黒~

ジンギスカン臭をプンプン漂わせた7名で、次に訪れたのが、後輩が探してきてくれたBar "CAMARADA"である。

いくつか候補があった中から、「ソファー席、良さそう!」ということで選んだのがここ。
大通り沿いで、ちょっと駅からは遠い。
「本当にあってるの?」と不安になったころようやく到着。

More
[PR]
by bunkohay | 2005-07-08 11:18 | BAR

Abbot's Choice ~六本木~

土曜日は、昔中野でお世話になっていたバーテンさんが今年新しくオープンさせたパブ、「Abbot's Choice」(アボットチョイスと読むらしいです)に行ってきた。

オープンの案内をもらってはいたものの、六本木に用事がないために、なかなか行けなかったのだが、やっと土曜日に妹と2人で行ってみた。

これは迷えないね!というぐらい大きな看板を発見していざ中へ。
店内は、こじんまりとしたパブ風。
生ビールは、バスペールエール、ギネス、よなよなエール、アボットエールと4種類もある。
私が行った時は、バスとアボットが品切れだったけど(笑)

More
[PR]
by bunkohay | 2005-07-04 12:55 | BAR
25日、地元のバーで知り合った友人が最近お気に入りという、歌舞伎町のバー「レンピッカ」に連れて行ってもらった。

店内は一面赤。
純喫茶においてあるような赤いビロードソファ色の壁で覆われていて、結構圧巻。
カウンターのみ(多分)で、椅子も若干ぐらぐらしているけど、なかなか落ち着ける雰囲気。

私が行ったときはマスターと若いバーテンさんの2人でやっていた。
土地柄か、一人の男性が結構多く、マスターとぽつぽつ話しながら静かに飲んでいる。

そこへ姦しい女性2人が入ったものだから、ちょっと雰囲気を壊してしまったかも。
バーテンさんも交えて、長々と色んなくだらない話をしてしまった。

結局朝の4時過ぎまで長居してしまったのだった。
その店は朝8時までやっているらしい!

その日は2軒目だったので、シングルモルトを2杯しか飲まなかったのだが、今度はカクテルでも頼んでみようかな。
[PR]
by bunkohay | 2005-06-27 21:49 | BAR

Bar Epilogue ~銀座~

私がよく行くバーのバーテンさんがお薦めの、銀座のバー「Epilogue」に行ってきた。
「銀座価格ですよ」とのことで、一緒に行くあまり量を飲まない友達と同じペースで飲むことを誓う。

銀座7丁目、YAMAHAビルの向かいの2階にあるそのお店。
もう入った瞬間から高級感溢れる内装。

飾り棚の中にはグラスなどが飾ってあるのだが、そのグラスも19世紀のものだとか。
食器や内装など、細かいところがいちいちこだわりがあって素敵。
「さすが銀座だわぁ」という感じ。

そこのバーテンさんと個人的にも仲が良い女の子と一緒に行ったからか、カクテルを3杯飲む間に色々とサービスしてくれた。

☆メロン (甘~いのを一口サイズ3切れ)
☆生チョコ (甘いワインが練りこまれているもの)
☆紅茶(もうお酒は飲まなさそうなタイミングを見越して出してくれた)

何もかもが素敵で、現実離れした時間を過ごさせてもらった。
でも、自腹ではそんなに何回も行けないかな・・・
[PR]
by bunkohay | 2005-06-27 20:10 | BAR

Bar DOZE ~表参道~

久しぶりにBlue NoteにCandy Dulferのライブを見に行った帰り、雨の中を彷徨って偶然見つけたBar「Doze」に入ってみた。

カウンター席だけでなく、ボックス席や掘りごたつっぽくなっている大部屋があって、使えそうな感じ。
ウィスキーの種類も多くて良い感じ。

後輩と2人で行って、レーズンバターと鶏のもも焼きを頼む。

飲み物は、
ゴールデンキャデラック
メロンのカクテル
グレンモーレンジのストレート

一緒に行った後輩もカクテルを頼んでいたけど「久しぶりにすごいヒットかも!」と喜んでいた。

途中で、ボックス席におばちゃん軍団が入ってきてちょっと騒がしかったけど、使えるお店だと思った。

また表参道に行く機会があったらぜひゆっくり訪れてみたいものである。
[PR]
by bunkohay | 2005-06-13 14:29 | BAR
2月16日(水)



友人と2人で、表参道の交番の目の前にある、「Bar Kappas Aoyama」に行って来た。

More
[PR]
by bunkohay | 2005-02-16 23:56 | BAR

Georgia Moon ~中野~

11月3日(水)



中野の行きつけのBar、Georgia Moonに行く。

この店は、10年前に中野に越してきてから出来た店で、気になってはいたが敷居が高くてあまり入れなかった店だった。

6年前ぐらいに会社の先輩に連れてきてもらってからいたく気に入って、たまに訪れる。

一人で行くことが多いが、たまに妹と行ったり、友人を連れて行ったりしている。

この日は妹と2人で2時間ほどいて、その後一人で3時間ぐらい飲んだ。

地下にあるこの店は、カウンターしかない、うなぎの寝床のような店だが、とても落ち着く。

私が行き始めてからバーテンさんが何回か変わっているが、歴代お酒が詳しく、オーセンティックバーとは思えない気さくなコミックバーである。(これって営業妨害かしら?)

カクテルもおいしいし、もちろん種類が豊富なウィスキー、バーボン類もいける。(私はもっぱらスコッチ)

一度行くと、ついつい長居してしまうので、頻度高く行ってはいけない店ではあるが、お金さえあれば、通いたい店である。
[PR]
by bunkohay | 2004-11-03 23:14 | BAR