徒然なるままに食文化を楽しむ一個人のメモ


by bunkohay
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Tibet Tibet ~下北沢~

2005年1月29日(土)



会社の同僚と、下北沢に飲みに行った。
私は用事があったので、21時過ぎに合流。
メールに18時~終電まで、と書いてあったので、不慣れな下北沢で、迷いに迷ってやっと「八分目」までたどり着いた。
そしたら、「そのご予約は20時半まででしたよ」と言われ、大ショック。
「なんだ~」と思いつつ、幹事に電話して、店の前まで迎えに来てもらった。

「なんか怪しい店で飲んでるんだよ~」といわれ、連れてこられたのが「Tibet Tibet」というお店。




2階にある店内に入ると、まず目の前に大きな仏像が。
「??」と思ってカウンターを見ると、カウンターの奥にも仏像がずらずらと並んでいる。
なんだ、ここは?と思いつつみんなと合流。

お酒もご飯も珍しいものがたくさん置いてある。焼酎の種類も豊富。
外国のタバコなどもあるが、結構な値段だった。
とりあえず、ギネスを頼みつつ、結構みんながお腹一杯なのを尻目に、青パパイヤのサラダ、チジミ、ココナッツカレーなどを頼む。

店内を見たときは、「キワモノか?」と思ったが、食べ物は確かな味でどれもおいしい。
青パパイヤのサラダは、変な店に行くと、青臭さが立って美味しくないのだが、ここのはしゃきしゃきとしてて、おいしかった。

でも、なんと言っても絶品はココナッツカレーだった。
色はクリーム色で薄い。
ひき肉がはいっていて、生のトマトが乗っている。
特に見た目は他の店のココナッツカレーと違わなかったのだが、味が絶品。
その場にいた全員、満場一致で「絶品!」と認定。
辛さも適度で、本当においしい。
あの味をもう一回食べるために、普段行かない下北沢に行ってもいいかな、と思うぐらい。

しかし、あの店の内装は、なんだか落ち着かないような気も・・・
酔っ払った先輩は、大きな仏像の前に置かれた、外国のお金が入ってる托鉢の中に、なぜか2000円を入れていた。
店員さん、気付いたらびっくりするだろうな・・・
[PR]
by bunkohay | 2005-01-29 23:39 | 食事処