徒然なるままに食文化を楽しむ一個人のメモ


by bunkohay
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

菜香 ~立川中華街~

1月23日(日)



妹と二人で、立川中華街にある菜香に行った。





立川中華街は結構よく来ているのだが、ここに入ったのはこれで3度目ぐらい。

去年、「なんか小腹が減ったよね」ということで、飲茶が食べられるこの店に入ったのがきっかけ。

思いのほか美味しくて、それからマークするようになった。

昨日も「がっつりじゃなくていいけど、美味しいもの少し食べたい」ということでこの店に。



3種のクレープ(腸粉)、焼き餃子、海老のクレープ巻、豚バラの蒸し焼き、チンゲン菜のクリーム煮などを頼む。(あれ、がっつり?)

どれもこれも美味しいが、この日初めて食べて感動したのが、豚バラの蒸し焼きとチンゲン菜のクリーム煮。

あまり中華料理でクリーム煮を頼まない私だったが、妹が食べたいということで注文してみた。

・・・これが大正解!

クリームに良いスープが入っているので、なんともいえない深い味わい。

思わず妹と残りのクリームソースまで完食。



そして、豚である。皮はサクサク、中はジューシー、という言葉が今まで食べたものの中で一番見事に再現されている感じ。

肉の皮がサクサクしてるなんて!うますぎるぜ!

そして、肉自体は、適度な噛み応えがありながら固すぎない、という私が大好きな食感。

噛むと肉汁がばーっと口の中に広がる。



大満足で、思わずデザートを頼んでみた。

「紅玉りんごのシナモン焼き 生姜糖水仕立て」というものである。

シナモンを効かせた焼きりんごが、生姜のあたたかいシロップの中に入っている。

最初は「しつこいのかな?」と思ったのだが、これが美味。

りんごは適度な酸味があり、あまり砂糖を使わず焼きりんごにしている。

それを、甘すぎない生姜水と一緒に食すと、生姜のさっぱり感とほのかな甘味で、なんとも幸せな気分に。



すべて大正解、ニコニコの夕飯となったのだった。

(まあ、あえて言うなら、腸粉はなくてもよかったかな)
[PR]
by bunkohay | 2005-01-23 23:37 | 食事処