徒然なるままに食文化を楽しむ一個人のメモ


by bunkohay
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

高庵 ~新宿~

以前、私設「焼酎の会」で行ったことのある、みそ焼鳥の店「高庵」に妹と2人で行った。

頼んだのはこちら。





☆いちゃがらす
☆馬刺し
☆さつま揚げ
☆薩摩地鶏特性味噌焼
☆野菜焼きの盛り合わせ
☆スタミナお新香
☆一口焼きおにぎり

c0064616_1446129.jpg

この日の私の中でのヒットは、いちゃがらす(写真)、さつま揚げ、お新香かな。

いちゃがらすは、木綿豆腐の上にイカ墨の塩辛とレモンスライスを乗せたものなのだが、塩辛好きにはたまらない逸品である。
お酒にも合うし。
レモンスライスと一緒に食べると、本当に臭みがまったく無くなる。
塩辛のあのクセが好きな私は、レモン&豆腐、塩辛&豆腐、と、塩辛とは別に食べたのだが、口の中もさっぱりするし美味だった。

お新香もにんにく風味の大根、人参、きゅうりで美味しい。
さつま揚げは、しょうがのおろしたのがたっぷりついてきたのが嬉しかった。

この日飲んだ焼酎は、「赤兎馬」(せきとば)のお湯割と、「莫祢氏」(あくねし)のロック。
重い芋、というリクエストで飲んだ2品だが、どちらも美味しかった。
特に、「莫祢氏」は気に入った。
久しぶりに米麹で美味しいの見つけたな。
c0064616_14582735.jpg

店員さんもフレンドリーで良いのだが、唯一ちょっと残念だったのが、仲良い同業者の人が来たときに、その人とずーっとおしゃべりをしていて、あまり回りに気を配っていなかったことかな。
本当にずっとしゃべってたから、メニューを頼むときとか、お茶を頼むときとか、呼びかけるタイミングをこっちがはからなきゃって感じだった。
その人が来るまでは、そんなことなかったので、まあたまたまだろう。

今回気になったのは、重厚な黒い紙?で覆われた焼酎「黒瀬安光」。
これは、あの焼き芋焼酎「黒瀬」の杜氏さんが自分の名前を付けた焼酎とのこと。
自分の名前をつけるぐらいだから、さぞかし美味しいのだろう。
とても気になったのだが、1杯1,800円とのことで、諦めた。
でも、いつか飲んでみたいな。
[PR]
by bunkohay | 2006-02-06 15:03 | 焼酎