徒然なるままに食文化を楽しむ一個人のメモ


by bunkohay
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

井戸房 ~高田馬場~

年度末!!ということで、昨日は同僚6名で、「女子飲み」を行った。
もともとは、前回飲んだとき(私はいなかったのだが)2人がベロベロに酔ってしまったらしく、今回はそのリベンジ。
場所は高田馬場。
CHIPPERに行こうとしていたのだが、生憎貸切だったため、ワイン好きの先輩がお気に入りの店、井戸房に行った。





私が大好きな水炊きの店、さかえやのちょっと手前にある。
手押しポンプが目印になっていて、かわいい。
中はこじんまりとしていて、あったかい感じ。
とりあえず白ワインを頼んで、2004年度の労をねぎらう。

食べたメニューはこんな感じ。

前菜五種盛
鯛と筍のカルパッチョ 梅肉ソース
魚のパイ包み焼き
アボガド、しそ、マグロの生春巻き
マルゲリータ
いかすみのリゾット


味は、普通に美味しいが、取り立てて「これが!」というのはいかすみのリゾットぐらいかな。

女性6名でわいのわいのと騒ぎながら(最年少と最年長は一回りも違ったが)、結局みんなで白1本、赤2本(他ビール、カクテルなど)を頂いた。

予約時に、「予約のお客様は基本的に2時間になります」と言われたらしい。
本当に2時間半ぐらい経ったところで、「すいません、もうお会計よろしいでしょうか?ご予約のお客様がいらっしゃるので・・・」と言われて追い出された。
でも、他の席も空いてたし、その予約のお客様は全然見当たらず。

学生相手の安居酒屋じゃないんだから、友人とゆっくり飲みたいときに「2時間」って、短すぎると思う。
なんで、そんな制度にしているのかがちょっとよくわからなかった。

追い出されたこともあって、お店の評価は微妙。
先輩によると、お店がいっぱいの時は、席が空くのを待っている間、ウェイティングワインが出てくるらしい。
それが先輩の評価が高い理由の1つだったりしたのだが・・・
「2時間制」さえなければリピしたかもしれないのに。

結局高田馬場をあまり知らない私達は、その後さかえやに行って、鳥刺しと水炊き1人前を肴に、焼酎で乾杯しなおしたのだった。
[PR]
by bunkohay | 2005-04-01 11:38 | 食事処